カウチの張り替え、悩むわぁ〜

最近は、椅子の張り替えをして楽しんでいる方も多いと思うけど、私は今回は簡易ベッドにもなるカウチ(つまり結構大きなソファー)の張り替えをもくろんでいる。


暖かい色味で探していこうと、今回は二度目の訪問。



SDIM0077_convert_20130323220331.jpg



チェックでも、本当に様々。
何色にするか。テクスチャーは。と選択肢は無限のように出てくる。



SDIM0082_convert_20130323220422.jpg



こだわったらたどり着くのが英国のメーカー。



SDIM0083_convert_20130323220527.jpg



色味だけ決めればいいと思っていたら、柄という選択肢が入ってきてもうますます混乱していく。
チェックの先進国、英国のパターンはさすが! 決して子供っぽくならない大人のチェック。



SDIM0084_convert_20130323220452.jpg



カタログに、数点のチェックが椅子に張り替えられて写っていた。
どのチェックもなんてすてきなんだ♪


SDIM0081_convert_20130323220357.jpg



再訪しても、決められなかった・・・
もう一度チャレンジします! カウチだけでなく、クッションや椅子用座布団(?)もオーダーするつもりなので慎重になり、悩ましい日々は続きます。








にほんブログ村 ライフスタイルブログ 北欧ライフスタイルへ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ ノルウェージャンフォレストキャットへ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(OLYMPUS)へ
にほんブログ村






拍手を下さって、大変励まされています。
ありがとうございます




スポンサーサイト

椅子マニア

  • Day:2012.02.09 17:33
  • Cat:家具
英国アーコール社の家具は、デザイン性と実用性のバランスがすばらしく、
ビンテージ家具好きにはたまらないものがある。
こちらは、多様なデザインの中でも特にレアなアームチェアー

P2090084_convert_20120209164737.jpg


背もたれのデザインからバット(bat コウモリ)チェアーの愛称があるとか。
絶妙なカーブを描きながら、一枚の板が削られている背もたれ。
P2090089_convert_20120209164856.jpg


特筆すべきは、このアームの部分のカーブ。
すばらしくゆったりと座った時の人の腕に優しくそってくれる。
P2090088_convert_20120209164826.jpg


ゆったりと大きなアームチェアーでありながら、
日本サイズのテーブルにもあたることなく、コンパクトに収まる。

厚めのクッションと、北欧の純毛ニットクッションを置けば、
誰にも譲れない、自分だけの椅子になること間違いなし!
P2090099_convert_20120209164930.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。