クリスマス  キャンドルホルダー その1

早いですね。もう明日から12月です。
ロックフェラーセンターのクリスマスツリーやパリのクリスマスイルミネーションの話題がニュースで聞かれると、もうクリスマスのホリデーシーズン。

北欧では厳しい寒さでしょうけど、楽しみ方が違います。
お部屋を暖かい雰囲気に飾り付けて、家族で、また恋人同士でテーブルを囲むそう。
今日ご紹介は、ビョルン ヴィンブラッド(Bjorn Wiinblad)さんがデザインをし、ドイツのローゼンタール社が作った蝋燭立てです。



PB300011_convert_20121130173632.jpg




PB300005_convert_20121130173745.jpg



シニヨンの女性みたいですが、これは羊だと思います。
イエスキリストの誕生を知り、最初にお祝いに駆けつけたのが羊飼い。
きっと、周りにはたくさんの羊がいたことを表しているのでしょう。



PB300003_convert_20121130173819.jpg



そうしてもう一つのパターンは・・・
また違う角をもつ羊さん。





ではなくて(笑)
天上から、イエスキリストの誕生のお祝いをしにたっくさんの天使が舞い降りた、といわれる。
クリスマスには、つきものの(?)エンジェル・天使です



PB300006_convert_20121130173708.jpg



北欧では、昼間も暗いせいか、昼食にも食卓テーブルで蝋燭をともしていました。
(BSの街あるき系のテレビで見ただけの知識ですが・・)

食卓をこんなキャンドルで少しおしゃれして、ゆっくりと食事するのもいいですよね〜





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 北欧ライフスタイルへ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ ノルウェージャンフォレストキャットへ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(OLYMPUS)へ
にほんブログ村






拍手を下さって、大変励まされています。
ありがとうございます







関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。