同じ場所で同じ猫をとっても

同じ場所で、同じ猫(今日は愛猫ふぁふぁくんです)を撮っても全く違う雰囲気になるから不思議。
もちろん、設定を変えれば同じカメラでも全く雰囲気は違って撮れるだろうけど。
なかなか苦戦中の、SIGMA DP シリーズで愛猫を撮ってみた。



SDIM0091_convert_20130329160536.jpg



素早い動きで思い通り撮るのは、むつかしい〜
満足いく写真じゃないけど、驚くべきは色味!
何ともしっとりとした空間なのに、ぱきっ!と細部が撮れてて見事にふわふわの被毛を再現している。

ふぁふぁ君のロンゲと一口に言っても、細いものやカールしたものなど様々で大きく分けて5種類くらいがミックスしている。その微妙な違いがちゃんと写っている。驚愕!!



SDIM0109_convert_20130329160453.jpg


もっと腕が良かったら思いのままに撮れるんでしょうけど、
「まぁ 今日はこのへんにしといたろ 



SDIM0100_convert_20130329160513.jpg



ワイドスクリーンで映像を見てるように写ったので、上げてみました。
残念なのは、ぼかしてしまったのでスクリーンの映像がはっきり映っていないところ。
このカメラなら隅々まで、見事に撮れてたのに残念! 修行は続きます。








にほんブログ村 ライフスタイルブログ 北欧ライフスタイルへ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ ノルウェージャンフォレストキャットへ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(OLYMPUS)へ
にほんブログ村






拍手を下さって、大変励まされています。
ありがとうございます












関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。