風薫る中で

GW中は、少し寒かったので、今日などの天候が恨めしい方も多いのではないでしょうか。
新居は街路樹の青葉もまぶしくて、もったいないほどです。
といっても、まだまだ季節を楽しむほどの余裕はないのですが・・

ビョルン ヴィンブラッド さんの作品を直に見てもらえるように飾っていきます。


麗しいお二方には、今の環境をきっと気に入ってくれるはず。


OMD95596_convert_20130509145516.jpg


ドイツローゼンタールの素晴らしいフィギアです。


OMD95595_convert_20130509145417.jpg


透き通るような白磁に、髪だけがリッチなゴールドで彩られています。
本当に繊細な作りで、よく日本までご無事で!とお二人の淑女に声をかけたくなります。


こちらも、とても希少な手捻りの作品。
民族衣装で、横笛を吹いています。



OMD95597_convert_20130509145622.jpg



同じポーズの二人と思いきや、細かなデティールが全く違います。
笛もなんて繊細!



OMD95598_convert_20130509145709.jpg


こちらは打楽器奏者ですね。
伝統のお祭りでは、このマスクをつけるのが習わしなのでしょうか。
よく出てきます。



OMD95599_convert_20130509145756.jpg



日本や世界に多くのコレクターがいる BJORN WIINBLAD さんですが、年々巡り会うことが難しくなっています。
その理由の一つに、本当に割れやすい土なのに繊細に制作してあること。
一度落とせば修復はまず無理でしょう。大事に飾って長く楽しみたいですよね。





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 北欧ライフスタイルへ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ ノルウェージャンフォレストキャットへ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(OLYMPUS)へ
にほんブログ村






拍手を下さって、大変励まされています。
ありがとうございます







関連記事
スポンサーサイト

Comment

こんにちは^^
楽隊の太鼓少年、初めてみました!!
存在すら知りませんでした!
うちにはご本人作の笛吹きくんと、お弟子さん作の歌ってる少年がいます。
太鼓少年、いいな~~^^

以前の記事で、地震で作品が落ちて壊れると怖いって言うお話がありましたが、我が家は全ての壊れ物は「ミュージアム・ジェル」で棚や台やテーブルにくっつけています。
ミュージアムジェルというだけあって、実際美術館でも使用されているようで、ほんの小豆粒大のジェルで、しっかり固定されます。
はがすのももちろん簡単です。
こちらでは東急ハンズなどで買えます。
ぜひお試しを。
  • 2013/05/10 15:04
  • minako
  • URL
Re: コメントありがとうございます!
minakoさん、貴重なアドバイスありがたいです!
大物は、耐震パットみたいなものでくっつけてるんですが、そんなジェルがあるんですね。
早速常備したいと思います。写真撮影にも重宝しそうですね。

このシリーズをもう2体お持ちなんですね!驚きです。v-405 世界でもかなりのコレクターじゃないと持っていないシリーズです。さすがですv-20
楽しげに歌ってる子いますよね。ほかにも弦楽器の子もいたような気がします。
本当に素晴らしいシリーズですよね。彼の作品群の中でもトップクラスだと思います。

太鼓の少年魅力的でしょう?本当に生き生きとしていて太鼓の音が聞こえてきそうです。
minakoさんが見ていてくださるのでブログの更新しがいがあります。
次の作品はもうお持ちかな??なんて、想像しながらまたアップいたしますね。v-392
  • 2013/05/10 22:16
  • もりかみちゃん
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。