暑い日は涼しげなグラスを

梅雨はどこへ?って感じですよね。
神戸は、すでに真夏のような暑さです。


もったいないような青空。
黄砂の時期は、よく曇る神戸の空もこのとおり。 山々は和歌山方面です。

P6120804_convert_20130612153117.jpg



季節が変わると、衣替えとともに食器類を替えたくなりますよね。
今日ご紹介するガラスは、もうとっておき! 実は個人的な大のお気に入りです。



P6120788_convert_20130612151517.jpg



あれ〜大したことないって?笑



P6120797_convert_20130612151427.jpg



暑い日本では、冷たい緑茶や麦茶を涼しげなグラスで供しますが、ヨーロッパものでは本当に珍しいです。
夏用グラスというより、コーヒーカップソーサーグラス版です。

クリスタルなので、ずっしり重くて、ひとつひとつ手作りらしく微妙に形が違います。



P6120791_convert_20130612151449.jpg



ローゼンタールのクリスタルの最高品に付いているマークがソーサーに。
この魅惑のカーブが印象的なシリーズは、もちろんビョルン・ブィンブラッド(Bjorn Wiinblad)のデザインです。
彼のデザインも突出したものだと思いますが、ローゼンタールの技術がないと実現しないもの。さすが、ドイツの名窯。stadio lineは、ガラス器も素晴らしいものを作っています。


この女性のような微妙で、絶妙なフォルムは、ワイングラスでは手に入りやすいのですが、
このタイプは、本当に巡り会えません。



P6120800_convert_20130612151358.jpg



このグラスだと、パフェグラスかと思いますが、すっごい繊細なのでスプーンでカチカチしたら傷がします。
水やジュースなどで、楽しむ方がベター。
このようなグラスを丁寧に扱える大人のみ、使用が許される特別品です。







にほんブログ村 ライフスタイルブログ 北欧ライフスタイルへ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ ノルウェージャンフォレストキャットへ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(OLYMPUS)へ
にほんブログ村






拍手を下さって、大変励まされています。
ありがとうございます









関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。