霧の六甲山に行ったわけ

七夕の日に、霧の六甲にのぼった記事を書きましたがこれには訳がありました。
参加している写真倶楽部、KOBE*HEART FOTO倶楽部のテーマ「水」の写真を撮りにいったんです。

美術は追い込まれたら意外にいいものが出来ると思うと、反対にワクワクしてしまっていけません。
目的地は、高山植物園で霧と花でも撮ろうかと思っていたのですが、
もう行く道で心躍る被写体だらけで、テーマを忘れて撮りまくり♪

素人でも、実際どうとっても素敵な写真が撮れる、まさに入れ食い状態!な朝でした。
定例会も終わったので、その時の写真を遅まきながらUPします。



s_R0000958.jpg



朝から一日雨の予報が出ていたこの日、観光客や車で賑わうこの道も誰もいません。
ただ、とりの声と濃厚な霧が迎えてくれました。



s_R0000965.jpg



霧によって自然な濃淡がついて、面白い木の造形が浮かび上がります。



s_R0000951.jpg



定例会にはこちらの一枚を提出。
あまりに陳腐なテーマで、写真にうるさいメンバーの触手には触れないかなと思ったのですが、見ていてあまりにも心が穏やかになってあの時の朝が思い出されるので決めました。



s_R0000961.jpg



各自2票づつ投票して、3位までが発表されるのですが、入選できず。
やっぱりつまんない作品だったかなと思っていたところ、最後に校長先生から思わぬお褒めの言葉が!
写真好きの集まりには、どうしても肩に力が入ってしまうのですが、自分が美しいなぁ〜
と感動した写真でいいんだなと改めて思わされました。








にほんブログ村 ライフスタイルブログ 北欧ライフスタイルへ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ ノルウェージャンフォレストキャットへ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(OLYMPUS)へ
にほんブログ村






拍手を下さって、大変励まされています。
ありがとうございます












関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。