今年のグラミー賞 2

今年のグラミーが、こんな形で日本でも注目されるなんて。
もちろん、ホイットニーヒューストンの急死。

映画ボディーガードでケヴィンコスナーにお姫様だっこされてたけど、
アレサフランクリンをおばに持つ彼女は、ロイヤルファミリーのない米国では
プリンセスそのものだったように思う。

近況を知らなかったけど、ゴシップクイーンになっていたんですね。
羨望のまなざしから、嘲笑の的に。
本当に残酷で、残念なことです。

グラミー賞もアデルの一人勝ち。つまんない・・
2008年のグラミーのパフォーマンス、こちらも破天荒な生き方をしてしまった
エイミー ワインハウス ブルージーな歌声にぐっときます。





改めて聞くとやはりかっこいいので、もう一曲 






関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。